看護学科3年生、いよいよ本日から臨地実習です!

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、5月~9月の実習は学内で実施。

短期間となった臨地実習で深く学ぶことができるよう、工夫をして実習を行ってきました。

実習グループごとに、その日の実施者の動きを撮影。

その映像を見ながら振り返りを行いました。

このように客観的に見ることで、技術面だけでなく声かけや連携の大切さなど、

行動面についても気づきが多かったようです。

そして、統合の学内実習には卒業生が患者役として協力してくれました!

学生同士で患者役をしていた中、先輩たちの登場にとても緊張していた様子の3年生ですが、

先輩たちからは優しくアドバイスをいただいて、臨地実習への不安が和らいだようです。

卒業生の皆さん、ありがとうございました!!

3年生の皆さん、これから約1か月半の臨地実習、頑張ってください☆